H1

ひょうたん印印管端防食管継手

商品情報詳細

補足説明(略式名)

ひょうたん印印PQWK継手
ひょうたん印印PCPQK継手

兼用形
水道用ポリエチレン粉体ライニング鋼管
水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管

概要

地球環境問題を解決するため、循環型社会の実現が重要な課題になっています。「建設リサイクル法」「グリーン購入法」などが制定され、建築部材についても環境保全に配慮した材料が要求されています。当社は内蔵コア、外面ライニングについて環境にやさしい材料をめざして研究開発を進めてきました。
当社の管端防食管継手は、ポリオレフィン系の樹脂を使用した環境に優しい製品です。


●(公社)日本水道協会品質認証センター認証登録品
●日本金属継手協会規格 JPF MP 003 水道用ライニング鋼管用ねじ込み式管端防食管継手対応品
●日本金属継手協会規格 JPF MP 008 水道用ライニング鋼管用ねじ込み式管端防食管フランジ対応品
●国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編)」対応品

ひょうたん印管端防食管継手
 
  1. 優れた防食性能
    ひょうたん印 印管端防食管継手は一体成形したポリオレフィン樹脂内蔵コアにより、
    流体からねじ奥及びライニング鋼管の管端の鉄地露出部を保護し、優れた
    防食効果を発揮します。
  2. 容易な施工管理(管端コア一体型)
    ポリオレフィン樹脂内蔵コアと一体成形ですので、施工管理が容易で、
    「コアの入れ忘れ」「抜け落ち」の心配がありません。
  3. 優れた衛生性と環境にやさしい樹脂を採用
    内蔵コア及び外面ライニングにポリオレフィン系樹脂を採用しています
    ので、衛生性に優れ、鉄屑として廃棄処理およびリサイクルができます。
適用流 体 :水道水(上水)、空調冷却水、雑用水(中水)、工業用水など
使用温度範囲 :0~40℃
最高使用圧力 :1MPa
適用管種 :日本水道協会規格 JWWA K 132 水道用ポリエチレン粉体ライニング鋼管

:日本水道協会規格 JWWA K 116 水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管
注意事項

注意事項

  • 本ホームページに掲載の商品は改良などのために、仕様、外観、使用方法などを予告なく変更することがあります。
  • 本ホームページに掲載の商品の詳細は個別のカタログをご覧ください。
  • ご購入・ご使用前に最新のカタログをご確認ください。最新のカタログは、当社または販売店までお問い合わせください。最新のカタログは、当社ホームページでも閲覧、ダウンロードが可能です。
  • 本ホームページに掲載している商品の色は、実際と異なる場合があります。
  • 本ホームページ記載内容の無断転載を禁じます。
  • 誤った使用方法、改造、取扱上の不注意や風水害、地震、雷などの天災および火災、公害(特殊環境)、塩害、戦争、テロなどの不可抗力、その他当社責任と認められない損害には、当社は一切責任を負いません。
関連製品

関連製品

ひょうたん印管継手

ひょうたん印印管継手

ねじ接続による中小口径鋼管用の管継手で、JIS B 2301に「ねじ込み式可鍛鋳鉄製管継手」として規定されている継手です。
主な材料はマレブル(黒心可鍛鋳鉄)で、ねじ部には管用テーパねじが加工してあり、表面を処理する場合は溶融亜鉛めっきを施しています。
溶融亜鉛めっきは、環境負荷を軽減した優めっきを採用しています。
(RoHS規則6物質は、含んでおりません。)

ひょうたん印ハイパワーロック® ひょうたん印ハイパワージョイント®

ひょうたん印印ハイパワーロック®
ひょうたん印印ハイパワージョイント®

3管種に対応できます。(※ハイパワーロックの場合)
鋼管  JIS G 3452 配管用炭素鋼鋼管
    JIS G 3442 水配管用亜鉛めっき鋼管
    JWWA K 116 水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管
    JWWA K 132 水道用ポリエチレン紛体ライニング鋼管
塩ビ管 JIS K 6741 硬質ポリ塩化ビニル管
    JIS K 6742 水道用硬質ポリ塩化ビニル管
ポリ管 JIS K 6762 水道用ポリエチレン二層管(1 種)

●(公社)日本水道協会品質認証センター認証登録品
 (アイテムについては、ご確認ください。)

ステンレス配管用メカニカル継手 Zlok®

ステンレス配管用メカニカル継手 Zlok®

Zlok(ゼットロック)はステンレス配管用に開発したメカニカルタイプの
管継手です。耐食・耐熱性に優れ、軽くて強いステンレス配管の特性を
生かした、信頼性の高い継手です。

●SAS322ステンレス協会認定取得品(第32211 : 15号)
●国土交通省大臣官房官庁営繕部監修
「公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編)」対応品
●公益社団法人日本水道協会品質認証センター認証登録品